こんな利用に適しています

用語展開表示画面イメージを見る(22KB)




特徴 (V5.0)

  • 分類体系化されたものを、構造を追って見ることができます。
  • 用語の任意一致検索ができます。
  • ユーザ定義項目での任意一致検索ができます。
  • 用語を中心とした関係が把握できます。
  • 展開表示画面上の用語をダブルクリックするだけで、その用語を中心とした展開が瞬時にできます。
  • 任意の用語を取り出す(クリップボード経由)ことができます。
  • 用語の取り出し時に任意の連結子を指定できます。
  • 取り出した用語を保存することができます。
  • 検索式の文字数制限がある各種DB用に、渡す検索式の任意バイト数チェック機能があります。
  • 検索式の簡易自動生成ができます。
  • 展開時の階層表示が1階層から3階層に自由表示できます。
  • 詳細表示の内容をテキストファイルに出力できます。
  • Word2000(97,98)で開かれた文章の中の、Class-Viewで選択されている辞書中にある用語の有無をチェックします。
  • ワイド画面表示で一度に複数の項目を見ることができます。
  • ワイド画面の任意表示項目指定ができます。

適用分野
  • 分類体系化されたものの、検索/表示ツールとして利用できます。
  • 情報検索時の、検索語入力ツールとして利用できます。
  • インデキシング作業時のキーワード付けツールとして利用できます。
  • 検索キーワード英語、日本語変換ツールとして利用できます。
  • 辞書整備ツールとして利用できます。

動作環境
  • O S : Windows XP/Vista / Windows NT,2000
  • メモリー: 512MB 以上

辞書について


価格
    \99,750.-

      この商品は、現在販売しておりません。 


ClassView(V4.0)以前に対応した辞書は、V5.0では扱えません。
  • Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Pentiumは米国インテル社の商標です。


製品情報に戻る
Copyright ©1997- RuNET Co.,LTD